2011年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年07月

| PAGE-SELECT |

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへにほんブログ村へ
↑ 可愛かったら押してにゅ~ ↑

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

助けて!免疫介在性溶血性貧血のわんちゃんのこと。


お友達からの「Help!」です。

最近、愛犬が虹の橋にいってしまいとっても悲しんでた遠藤さん。

そこに追い討ちをかけるような悲しい出来事がおこってしまったのです(ノд-。)クスン


もう1匹の愛犬、ミニチュアシュナウザーのフランちゃん。

5歳の雄で、可愛い盛り。とても、甘えん坊の性格の良い子です。

高脂血症の持病はあるけど一緒に元気に過ごしてきました。


furan.jpg
元気な頃のフランちゃん

ところが今回、免疫介在性溶血性貧血 になってしまったのです。。。


免疫介在性溶血性貧血とは

免疫介在性溶血性貧血は赤血球表面に、免疫抗体が結合して、赤血球が破壊されるために起こる貧血のことです。自己の赤血球そのものに、免疫反応が向けられた場合と、赤血球に付着している何らかの物質(たとえば薬物など)に対して、免疫反応が起こっている場合とがあります。

赤血球の表面に抗体という免疫物質が結合してしまいます、そのような赤血球は脾臓や肝臓で破壊されたり、あるいは血管の中を流れながら破壊され、その結果貧血となってしますのです。症状は貧血の進行の早さによって症状は変わります。貧血のために口の粘膜の色は白くなり、元気がなくなってきます。

参考:犬の病気大辞典
http://www.eepet.com/dogs/youkai-hinketu.html


今日(6/1日)、明日はまだ輸血で生きていられているのですが、

その後の輸血が確保出来ていない状態。。。


まだまだフランちゃんと一緒に楽しい時間を過ごしたい。

そんな想いで今回若い犬で大型犬を飼われている方がおりましたら、

輸血の血を分けていただきたく、いま探しております。

治療のクスリが落ち着けば輸血をしないで済むのですが、いまのところ落ち着かず。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

どなたか輸血に御協力頂ける方がいらしゃっいましたらお願い致します。


北海道札幌市白石区に住んでいる、遠藤さんです。

わんちゃんのことなので、あんまり無理はいえないと思っています。

札幌市白石区近辺の方で、ご協力していただける方がいらっしゃれば、ありがたく思います。


医師と相談しまして、御協力頂けるワンちゃんの身体に、負担がかからない様に努めます。


お礼としましては、気持ちになってしまうのですが、

輸血くださったワンちゃんのお食事代を包ませて頂きたく思います。

連絡先メールアドレス:pifuran@yahoo.co.jp


あたしには「がんばって!」としかいえない。

せめて、ブログでの呼びかけで協力できれば。。。って
スポンサーサイト


人気ブログランキングへブログランキング・にほんブログ村へ
ブログランキングへにほんブログ村へ
↑ 可愛かったら押してにゅ~ ↑

| わんこ、ニュース。 | 00:53 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。